ニュース

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 名無しのまとめTokさん 2020/07/28(火) 07:08:58.72 ID:/vok82ejd
春日井市内津町にある金属加工業の「大池製作所春日井工場」で27日正午前
作業員から「クレーンで吊るしていた鉄板が落下した。2人がケガをしている」と消防に通報がありました。

警察などによりますと、天井クレーンで吊りあげられた鉄板が落下し、男性作業員2人が下敷きとなり
40代くらいの男性が病院に運ばれましたが、まもなく死亡しました。
もう1人の30代くらいの男性もケガをしました。

鉄板は長さがおよそ4メートル、厚さ2センチほどで、重さはおよそ1トンあり
当時2人は天井クレーンで釣り上げられた鉄板を下から清掃していたということです。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200727-00029982-tokaiv-soci

【【事故】作業員さんたち、クレーンで吊った鉄板の下で作業をはじめ無事鉄板は落下】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 名無しのまとめTokさん 2020/07/30(木) 13:55:44.54 ID:mY7eGTdDM
藤井棋聖に殺害予告疑いで男逮捕
「対局やめろ」43歳の会社員

2020/7/30 13:37 (JST)
?一般社団法人共同通信社

 日本将棋連盟のウェブサイトに今月4日、藤井聡太棋聖(18)を名指しし「対局をやめさせなければ殺害する」と書き込んだとして、
警視庁原宿署は30日、威力業務妨害の疑いで、住所不詳、会社員畠山拓也容疑者(43)を逮捕した。

 当時は棋聖戦5番勝負の期間中で、その後、藤井棋聖は史上最年少でタイトルを獲得した。同署が動機を調べている。

 逮捕容疑は4日午後11時半ごろ、スマートフォンで連盟ウェブサイトにある問い合わせフォームに殺害を予告する内容を書き込み、業務を妨害した疑い。

 日本将棋連盟は脅迫を受け警備を強化したといい、「逮捕されてほっとしている」とコメントした。

https://this.kiji.is/661427699330810977

【【ニュース】藤井聡太棋聖に殺害予告をしたケンモメン畠山拓也容疑者(43)を逮捕】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 名無しのまとめTokさん 2020/07/27(月) 08:55:51.50 ID:mJCjEst40
ドイツのマース外相は27日付のライニッシェポスト紙のインタビューで、主要7カ国(G7)首脳会議にロシアのプーチン大統領を招待するというトランプ米大統領の提案をドイツが拒否したと明らかにした。

ロシアは引き続き、20カ国・地域(G20)のメンバー。

マース氏はトランプ大統領がロシア以外の国々もG7に招待する考えを示していることについて、
「G7とG20はともに適切に調整された枠組みで、これ以外にG11やG12は必要ない」と指摘した。

https://jp.reuters.com/article/g7-summit-russia-germany-idJPKCN24R0VO

【【ニュース】ドイツさんロシアや韓国などのG7参加を拒否を表明】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 名無しのまとめTokさん 2020/07/27(月) 08:12:08.54 ID:dzM9E7sT0
出雲駅伝2度目の中止決定 市長が記者会見で発表へ
https://news.yahoo.co.jp/articles/dbac7e6a62163f8fb4f6569c70d283239e55e437


これ箱根も無理やろ
予選会できないし

【【ニュース】これもう箱根駅伝も無理やろ】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 名無しのまとめTokさん 2020/07/22(水) 08:27:28.94 ID:hihN9K01M
ミネルヴァ法律事務所 依頼者への約30億円流用か
2020年7月22日 6時04分

大々的にテレビCMを展開し過払い金の返還請求などを手がけていた弁護士法人「東京ミネルヴァ法律事務所」が破産手続きの開始決定を受けてからおよそ1か月。
本来は借金をしていた人に返還されるはずのおよそ30億円が不正に流用された疑いがあることがわかり、全国から2500件以上の相談が寄せられています。

「東京ミネルヴァ法律事務所」は消費者金融などに対する過払い金の返還請求などを手がけていましたが、資金繰りに行き詰まり、6月、裁判所から破産手続きの開始決定を受けました。

所属する第一東京弁護士会が調査を進めていますが、本来は借金をしていた人に返還されるはずのおよそ30億円が不正に流用され事務所の取り引き先への支払いなどにあてられた疑いがあることが分かりました。

東京ミネルヴァ法律事務所はNHKの取材に対して、CMなどの宣伝を担当していた広告会社に多額の支払いをしたと説明しています。

弁護士会によりますと東京ミネルヴァ法律事務所と契約していた人などから全国で相談が相次いでいて、これまでに2584件にのぼっているということです。

50代の会社員の男性は、生活苦などで借金を重ね長い間、金利を支払ってきましたが、去年、東京ミネルヴァ法律事務を通じて過払い金の返還請求をし、消費者金融からおよそ300万円を受け取れるはずでした。
しかし東京ミネルヴァ側からは「依頼者が多く、順番待ちだ」「弁護士が病気で、振り込みの決済ができない」などと言われ、いまだに支払われないままだということです。
男性は「弁護士法人がこんなことをするとは怒りしかなく、だまされたと感じている。過払い金の返還をあてにして困っている人も大勢いると思うので、ミネルヴァ側には誠実に対応してほしい」と話しています。


弁護士会はさらに調査を進め、事実関係の解明を進めるとしています。電話による弁護士会の無料相談の番号は03ー3595ー8508で、平日の午前10時から午後4時まで受け付けています。

事務所代表の弁護士は
東京ミネルヴァ法律事務所の代表の川島浩弁護士は、NHKのインタビューに応じ、過払い金の返還請求をした人に支払うための口座から流用したことを認めたうえで、「依頼者の方々を裏切ってしまい本当に申し訳ない」と述べました。
そのうえで事務所の資金繰りが行き詰まった要因については、「客を集めるために広告会社と取り引きをしていたが、その会社が実質的に事務所の業務をすべて管理していた。広告費などとして法外な金額を請求されても支払わざるを得なかった」と説明しています。
また、「もっと早く、弁護士会などの外部の組織に相談していれば、破産などは防げたはずで、責任は自分にある。調査に協力し少しでもお金を返せるようにしたい」述べました。
東京ミネルヴァ法律事務所と取り引きをしていた広告会社の会長は、NHKの取材に対して「事務所を実質的に支配していたという事実は一切なく、そのように言われるのは大変遺憾だ」と話しています。

【【ニュース】ミネルヴァ法律事務所さん、過払金30億を依頼者に返還していなかったwww】の続きを読む

このページのトップヘ